ヘルシーサービスは積水化学グループの一員となりました
SEKISUI ロゴ
マーク
ご利用いただける介護サービス
グループホーム 小規模多機能ステーション 訪問入浴サービス 訪問介護サービス 住宅型有料老人ホーム 居宅介護支援サービス
小規模多機能ステーション
小規模多機能ステーション 写真
小規模多機能ステーションとは 小規模多機能ステーションはこんなところ 実施拠点 Q&A
小規模多機能ステーションとは

小規模多機能ステーションは、通い・訪問・泊まりのサービスを組み合わせて利用する、新しい介護のスタイル。
お一人おひとりの生活に合わせてスタッフがきめ細やかな介護計画で住みなれた地域での在宅生活をサポートします。

イラスト
グループホームの特徴
グループホームの特徴1 グループホームの特徴2 グループホームの特徴3
イラスト1 グループホームの特徴4 グループホームの特徴5 イラスト2
入居対象(条件)
  • 年齢は原則65歳以上
    (65歳未満でも初老期認知症、若年性認知症と診断された方は利用可能)
  • 「要支援1」または「要介護1」以上の介護認定を受けておられる方
  • 施設と同一地域内に住民票のある方
  • 感染性の病気や疾患にかかっていない方(但し、医師の診断により
    集団生活において支障が無いとされた方についてはご入居可)
  • 自傷他害行為の心配のない方
  • 入居条件を満たして、保証人のおられる方
入居時ルール イラスト
小規模多機能ステーションはこんなところ
小規模多機能ステーション 写真1
老々介護の方やご家族が留守がちな方なども安心

通い、泊まり、訪問介護をお客様やご家族の要望によって選択利用していただけます。老々介護の方や、ご家族が留守でも泊まりと訪問介護を組み合わせてご利用、また、日中は独居状態になる方のご利用などをおすすめします。入退院後の生活リハビリテーションにもご利用いただけます。


笑顔で話しかけることを何よりモットーに

お客様が住みなれた地域のコミュニティで安心をお届けするスタイル。少人数登録制のため、お客様とスタッフはほとんどの場合顔なじみになれます。アットホームな雰囲気で心のふれあいのあるケアサービスを受けていただけます。


「やりたい」が叶う生活支援を

お一人おひとりの状態や介護のご要望に合わせたサポートを提供します。


小規模多機能ステーション 写真2
地域と施設図
Q&A
Q

小規模多機能型居宅介護はどんなところですか?

介護が必要になっても、安心して自分の家で生活することが出来る便利なサービスです。地域密着型サービスの中で理想的なケアを実現した小規模多機能型居宅介護は、今、最も注目されています。


Q

どのようなサービスを受けられますか?

介護が必要となった方が、住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、利用者の状態や必要に応じて、「通い」「泊まり」「訪問」の3サービスが受けられます。


Q

小規模多機能型居宅介護のメリットは?

「通い」「泊まり」「訪問」のサービスを一つの事業所で利用できます。 登録制なのでなじみの関係を作りやすく、家庭的な雰囲気の中でお過ごしいただけます。また柔軟に「泊まり」の利用が可能ですので、緊急時や現在「泊まり」サービスを必要としていない方も、将来的に安心です。また、1カ月当たりの利用料が定額なので介護保険限度額を超えることがありません。


Q

費用はどのくらいかかりますか?

要介護状況区分によって1か月の料金が決められています。
1割~2割が自己負担分となります。下記をご参照ください。



【介護保険に係わる料金】
介護度 介護保険費用 1割負担金例
要支援1 3,403単位/月 3,403円
要支援2 6,877単位/月 6,877円
要介護1 10,320単位/月 10,320円
要介護2 15,167単位/月 15,167円
要介護3 22,062単位/月 22,062円
要介護4 24,350単位/月 24,350円
要介護5 26,849単位/月 26,849円

※:実際の一割負担金は、地域加算等を含んだ金額となります。

※:上記は1ヶ月のサービス利用料金となります。
 中途での登録/解除の場合は日割計算となります。

※:その他は介護保険法と弊社要綱に定める通りとなります。



【その他の料金】
朝食代 1食 350円
昼食代 1食 450円
夕食代 1食 500円
おやつ代 1食 90円
宿泊代 1泊 (※1) 3,000円~
おむつ 1袋 1,780円~
パッド 1袋 1,560円~
コピー 1枚 10円
レクリエーション 実費

※1:当施設を20時以降にご利用いただいている場合、
 お部屋を確保させて頂くため宿泊代を頂戴いたします。

※:各費用に関しまして、ご利用いただきました数量の実費を頂戴いたします。


Q

利用人数や利用回数に制限はありますか?

一つの施設あたり25名以下の登録制の介護サービスです。
登録されている方であれば何度でもご利用できます。ただし、一日に利用できる「通い」サービスの定員は15名以下、「泊まり」サービスの定員は6~9名以下と利用定員が定められています(※ 一日の定員を超える場合は調整のご相談をさせていただきます)。
詳しくは最寄りの施設へお問い合わせください。


Q

誰でも利用できますか?

在宅生活をしている方で、要支援または要介護1~5の認定を受けている方が利用できます。[小規模多機能型居宅介護]は「地域密着型サービス」と呼ばれる種類に属していますので、施設のある市区町村にお住まいでないと利用することはできません。


Q

送迎範囲を教えて下さい。

施設から車で片道おおよそ10分~30分以内の区域を送迎範囲とさせていただいております。具体的な送迎エリアにつきましては最寄りの施設へお問い合わせください。


Q

「泊まり」サービスの利用期間に上限はありますか?

上限はありません。ほぼ毎日宿泊することも可能ですが、希望者が定員を超えた場合は調整のご相談をさせて頂きます。ただし、緊急の場合は可能な限り柔軟に対応させて頂きます。注意点として各市町村によって異なる場合もございます。詳しくは最寄りの施設へお問い合わせください。


Q

「訪問」サービスはどのようなものですか?

「訪問」サービスは日常生活の支援および緊急時の対応、声かけ等の補助的なものになりますが、ご自宅で行って欲しいご要望等ございましたらお気軽にご相談ください。


Q

「通い」サービスの日中の過ごし方を教えて下さい。

日中はレクリエーションや創作活動などを行っております。また、地域交流や季節の行事なども予定しております。行事としての1例ですが、皆さまと浅草まで公共の交通機関を利用しておでかけした営業所もございます。


Q

休業日はありますか?

休業日はございません。365日ご利用可能です。


Q

飲酒・喫煙は可能ですか?

ご家族様、主治医に確認させて頂きますが、可能です。量や嗜好時間、保管方法については制限させていただく場合がございます。喫煙は職員付き添いのもと、各営業所に設けている喫煙スペースのみ可能となります。


Q

リハビリを行いたいのですが。

施設では専門的なリハビリは行っておりません。看護職や介護職が行う範囲内での生活リハビリとなっております。訪問リハビリのご利用は可能ですので、ご自宅でサービスを受けることになります。


Q

他にどのような介護サービスを利用できますか?

介護保険の支給限度額の範囲内で利用できるサービスは、福祉用具貸与・訪問看護・訪問リハビリ・居宅療養管理指導です。


Q

医療体制はどうなっていますか?

ご利用者様の主治医と連携しながら、ご家族様とともに対応させていただきます。もし主治医がいなくても各施設にて医療連携をしている訪問診療専門の病院もございます。ご利用を希望される場合は各施設にお問い合わせください。


Q

利用中に急病になってしまった場合は?

体調不良になられた場合は、症状に応じた救急処置を行います。(119番または経過観察)解決できないケースはご利用者様の主治医またはご家族様に連絡し、その指示により対処いたします。外来への受診は、ご家族様へご協力をお願いしておりますが出来る限りご協力させて頂きます。医療費につきましては、自己負担となりますのでご了承ください。


Q

職員の体制はどうなっていますか?

看護・介護に関わる通い職員の配置は1:3(職員:ご利用者様)の割合となっております。その他に訪問の職員1名が配置されております。


Q

洗濯はしていただけますか?

「泊まり」サービスをご利用される方の衣類や汚れがひどい物につきましては 洗濯させていただきます。


Q

変更・キャンセルの場合はどのようにすれば良いですか?

ご予定が決まり次第、お早めに施設にご連絡をください。当日の8:30までにご連絡を頂ければ食費のご請求はいたしません。


Q

見学はいつでもできますか?

いつでもご見学可能ですが、事前にご連絡いただけると幸いです。

ページトップ