ヘルシーサービスは積水化学グループの一員となりました
SEKISUI ロゴ
  • 初めての介護
  • よくあるご質問
よくあるご質問
初めての介護 グループホーム 小規模多機能ステーション 訪問入浴サービス 訪問介護サービス 住宅型有料老人ホーム
初めての介護
Q

初めて介護を受けるときの手続きはどうすればよいですか?

介護保険を利用するときは、まず市町村が行う『要介護認定』を受けましょう。
要介護認定とは、どれくらい介護サービスが必要か、などを判断するための審査です。申請の窓口は各市町村の介護保険担当課です。申請は、ご本人のほかご家族でもできます。次のところにも申請の依頼ができます。(更新申請も含む)
・地域包括支援センター
・居宅介護支援事業者
・介護保険施設
小規模多機能型居宅介護


Q2

介護認定の基準を教えて下さい。

実際には細かな規定がありますので大まかな目安としてご参考程度ですが下記をご参照ください。
要支援
排泄や食事はほとんど自分ひとりでできるが、身の回りの世話の一部に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする。
要介護度1
排泄や食事はほとんど自分ひとりでできるが、身の回りの世話に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とする
要介護度2
排泄や食事に何らかの介助(見守りや手助け)を必要とすることがあり、身の回りの世話の全般に何らかの介助を必要とする。歩行や移動の動作に何らかの支えを必要とする。
要介護度3
身の回りの世話や排泄が自分ひとりでできない。移動等の動作や立位保持が自分でできないことがある。いくつかの問題行動や理解の低下が見られることがある。
要介護度4
身の回りの世話や排泄がほとんどできない。移動等の動作や立位保持が自分ひとりではできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下が見られることがある。
要介護度5
排泄や食事がほとんどできない。身の回りの世話や移動等の動作や立位保持がほとんどできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下が見られることがある。


Q3

介護保険で利用できるサービスにはどのようなものがありますか?

要支援の人は「予防給付」のサービスが、要介護の人は「介護給付」のサービスが利用できます。これらのサービスは、自宅での暮らしを支える「在宅サービス」や施設に入所して利用する「施設サービス」、地域での特性に応じた「地域密着型サービス」の3つに分かれます。


Q4

介護について相談したい時、何処に行けばよいですか?

利用の有無にかかわらず、是非一度わたくし達にご相談下さい。経験豊かなケアマネージャーがあなたの相談にご対応させていただきます。


Q5

本人だけでなく家族の介護負担を軽減したい場合でも利用できますか?

介護保険制度は、基本的に在宅サービスを中心に提供することにより、高齢者を介護している家族を支援するものでありますのでもちろん、ご利用いただけます。
まずは、ケアマネージャーにご相談下さい。


Q6

料金について教えて下さい。

介護保険を利用する場合は、法定利用料に基づく1割負担です。また、平成27年8月より収入額に応じて2割負担となる場合があります。サービスの利用料についてはそれぞれ異なりますのでご利用になる事業所にご確認ください。


Q7

施設選びのポイントは何ですか?

ご本人様と一緒に見学し、気になること等などは遠慮なくご質問下さい。ご本人様、ご家族様共に納得してご利用される事が一番かと思います。

グループホーム
Q

グループホームとは?

グループホームは、認知症の高齢者が、少人数(9人/1ユニット)でより家庭に近い雰囲気の中で介護や支援を受けながら、可能な範囲で食事の支度や掃除、洗濯などの家事を行い、自宅に近い状況で生活を送ることができる施設です。


Q2

どのようなサービスが受けられますか?

共同生活で可能な限り、自由に1日を過ごしていただきます。掃除や洗濯、入浴や外出などで、手助けや介護が必要な方にはスタッフが対応致します。楽しいレクリエーションや行事食もございます。また嗜好品などは、基本的にはご本人の希望を尊重させて頂いております。


Q3

どんな利点がありますか?

少人数の中で「なじみの関係」をつくり上げることによって、生活上のつまづきや行動障害を軽減し、心身の状態を穏やかに保つことができます。
また過去に体験したことがある役割、たとえば食事の支度、掃除、洗濯等をスタッフの手を借りながら各自ができる部分を行い、家庭的でゆったりと安定した環境の中で、高齢者の失われかけた能力を再び引き出し、潜在的な力をのばすように働きかけていくことを目標としています。
小規模なため馴染みの環境を作りやすく、認知症の方でも安心して暮らせるようになることが多いとされ、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症の症状の改善や進行の防止を図ります。


Q4

費用はどのくらいかかりますか?

入居に際し、敷金として10万円かかります。
家賃、水道光熱費、管理費、食費が介護保険以外でかかります。その他、介護度により介護保険料の1割負担がかかります。
概ね、15万円~17万円の間です。
また、必要に応じて、おむつ代、リハビリパンツ代等の費用がかかります。


Q5

施設の概要について

共用部には、食堂、トイレ、浴室、洗面がございます。お部屋は、完全個室になっていて、プライベートの確保が出来ます。
居室、共用部ともにスプリンクラーが設置されています。居室は、エアコン、照明が備え付けです。


Q6

入居の準備について

持込み品に関しては、火災につながらないものであれば、ご自宅で使っているもの等馴染みのものをご持参ください。
一般的には、寝具、ベッド、TV、カーテン、衣類、洗面用具をご持参頂いています。


Q7

医療面でのサポートは?

一般的な内科診療、歯科診療は施設にいながら各施設とも、提携医療機関において往診のサービスが受けられます。(薬剤管理も可能な施設があります)
往診以外の他科受診に関してはご家族様対応となりますが、提携医療機関の医師より紹介状を書いてくださるケースもあります。


Q8

グループホームの生活は?

一例をご紹介します。グループホームの生活は朝起きてから寝るまで…そして寝ている時も365日24時間のサポートが受けられます。
朝起きてから、洗面、普段着に着替え、朝食。健康チェックで毎日体温や血圧測定をし、午前中からお風呂に入る方もいれば、散歩やレクリエーションといった余暇の時間をお過ごししています。昼食。午後お風呂に入る方もいますし、お昼寝の方もいたり、余暇活動の続きをしたりTVを見たりしています。おやつを食べて、夕食に…。夕飯が終わってお部屋に戻り就寝。。。
ご飯のお手伝いをする方もいれば、フロアーの清掃を手伝ってくれたり、洗濯物をたたんで頂いたり、布団干しを手伝って頂いたり、茶碗洗いを手伝って頂いたり、食材の買い出しに出かけたり、家事のお手伝いをして下さる方もいます。誕生日にはみんなでお祝いしたり、外出行事、外食に出かけたり、ボランティアの方が来たり、地域の行事に参加したり普段とは違う1日になったりという日もあります。みんなで共有する時間もあれば、部屋でTV見て、自分の時間を大切にする方もいます。
ご家族様が面会に来て、外食に連れ出してくださったり、時々外泊される方もいます。


Q9

職員の体制は?

各ユニットに日中3名程度、夜間1名の職員がいます。事務方は、施設の管理者とケアマネージャーが常駐しています。

小規模多機能ステーション
Q

小規模多機能型居宅介護はどんなところですか?

介護が必要になっても、安心して自分の家で生活することが出来る便利なサービスです。地域密着型サービスの中で理想的なケアを実現した小規模多機能型居宅介護は、今、最も注目されています。


Q

どのようなサービスを受けられますか?

介護が必要となった方が、住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、利用者の状態や必要に応じて、「通い」「泊まり」「訪問」の3サービスが受けられます。


Q

小規模多機能型居宅介護のメリットは?

「通い」「泊まり」「訪問」のサービスを一つの事業所で利用できます。 登録制なのでなじみの関係を作りやすく、家庭的な雰囲気の中でお過ごしいただけます。また柔軟に「泊まり」の利用が可能ですので、緊急時や現在「泊まり」サービスを必要としていない方も、将来的に安心です。また、1カ月当たりの利用料が定額なので介護保険限度額を超えることがありません。


Q

費用はどのくらいかかりますか?

要介護状況区分によって1か月の料金が決められています。
1割~2割が自己負担分となります。下記をご参照ください。



【介護保険に係わる料金】
介護度 介護保険費用 1割負担金例
要支援1 3,403単位/月 3,403円
要支援2 6,877単位/月 6,877円
要介護1 10,320単位/月 10,320円
要介護2 15,167単位/月 15,167円
要介護3 22,062単位/月 22,062円
要介護4 24,350単位/月 24,350円
要介護5 26,849単位/月 26,849円

※:実際の一割負担金は、地域加算等を含んだ金額となります。

※:上記は1ヶ月のサービス利用料金となります。
 中途での登録/解除の場合は日割計算となります。

※:その他は介護保険法と弊社要綱に定める通りとなります。



【その他の料金】
朝食代 1食 350円
昼食代 1食 450円
夕食代 1食 500円
おやつ代 1食 90円
宿泊代 1泊 (※1) 3,000円~
おむつ 1袋 1,780円~
パッド 1袋 1,560円~
コピー 1枚 10円
レクリエーション 実費

※1:当施設を20時以降にご利用いただいている場合、
 お部屋を確保させて頂くため宿泊代を頂戴いたします。

※:各費用に関しまして、ご利用いただきました数量の実費を頂戴いたします。


Q

利用人数や利用回数に制限はありますか?

一つの施設あたり25名以下の登録制の介護サービスです。
登録されている方であれば何度でもご利用できます。ただし、一日に利用できる「通い」サービスの定員は15名以下、「泊まり」サービスの定員は6~9名以下と利用定員が定められています(※ 一日の定員を超える場合は調整のご相談をさせていただきます)。
詳しくは最寄りの施設へお問い合わせください。


Q

誰でも利用できますか?

在宅生活をしている方で、要支援または要介護1~5の認定を受けている方が利用できます。[小規模多機能型居宅介護]は「地域密着型サービス」と呼ばれる種類に属していますので、施設のある市区町村にお住まいでないと利用することはできません。


Q

送迎範囲を教えて下さい。

施設から車で片道おおよそ10分~30分以内の区域を送迎範囲とさせていただいております。具体的な送迎エリアにつきましては最寄りの施設へお問い合わせください。


Q

「泊まり」サービスの利用期間に上限はありますか?

上限はありません。ほぼ毎日宿泊することも可能ですが、希望者が定員を超えた場合は調整のご相談をさせて頂きます。ただし、緊急の場合は可能な限り柔軟に対応させて頂きます。注意点として各市町村によって異なる場合もございます。詳しくは最寄りの施設へお問い合わせください。


Q

「訪問」サービスはどのようなものですか?

「訪問」サービスは日常生活の支援および緊急時の対応、声かけ等の補助的なものになりますが、ご自宅で行って欲しいご要望等ございましたらお気軽にご相談ください。


Q

「通い」サービスの日中の過ごし方を教えて下さい。

日中はレクリエーションや創作活動などを行っております。また、地域交流や季節の行事なども予定しております。行事としての1例ですが、皆さまと浅草まで公共の交通機関を利用しておでかけした営業所もございます。


Q

休業日はありますか?

休業日はございません。365日ご利用可能です。


Q

飲酒・喫煙は可能ですか?

ご家族様、主治医に確認させて頂きますが、可能です。量や嗜好時間、保管方法については制限させていただく場合がございます。喫煙は職員付き添いのもと、各営業所に設けている喫煙スペースのみ可能となります。


Q

リハビリを行いたいのですが。

施設では専門的なリハビリは行っておりません。看護職や介護職が行う範囲内での生活リハビリとなっております。訪問リハビリのご利用は可能ですので、ご自宅でサービスを受けることになります。


Q

他にどのような介護サービスを利用できますか?

介護保険の支給限度額の範囲内で利用できるサービスは、福祉用具貸与・訪問看護・訪問リハビリ・居宅療養管理指導です。


Q

医療体制はどうなっていますか?

ご利用者様の主治医と連携しながら、ご家族様とともに対応させていただきます。もし主治医がいなくても各施設にて医療連携をしている訪問診療専門の病院もございます。ご利用を希望される場合は各施設にお問い合わせください。


Q

利用中に急病になってしまった場合は?

体調不良になられた場合は、症状に応じた救急処置を行います。(119番または経過観察)解決できないケースはご利用者様の主治医またはご家族様に連絡し、その指示により対処いたします。外来への受診は、ご家族様へご協力をお願いしておりますが出来る限りご協力させて頂きます。医療費につきましては、自己負担となりますのでご了承ください。


Q

職員の体制はどうなっていますか?

看護・介護に関わる通い職員の配置は1:3(職員:ご利用者様)の割合となっております。その他に訪問の職員1名が配置されております。


Q

洗濯はしていただけますか?

「泊まり」サービスをご利用される方の衣類や汚れがひどい物につきましては 洗濯させていただきます。


Q

変更・キャンセルの場合はどのようにすれば良いですか?

ご予定が決まり次第、お早めに施設にご連絡をください。当日の8:30までにご連絡を頂ければ食費のご請求はいたしません。


Q

見学はいつでもできますか?

いつでもご見学可能ですが、事前にご連絡いただけると幸いです。

訪問入浴サービス
Q

訪問入浴サービスとは?

ご高齢者やお身体の障害などで寝たきりの方、お一人又は、ご家族の介助では、入浴が困難な方のご自宅にお伺いし、入浴介助をするサービスです。
看護師を含む3名の介護職員が訪問入浴車でご自宅までお伺いし、横になったまま入浴出来る専用の浴槽をお部屋の中に設置し、リラックスした状態で安心して入浴して頂けます。


※ 創業時より行っている「訪問入浴サービス」はヘルシーサービスの原点です。


Q

どのようなサービスが受けられますか?

入浴・洗髪はもちろん、入浴中のシーツ交換、入浴後の着替え、爪切り、整髪などです。


Q

どんな利点がありますか?

寝た状態で入浴しますので身体的負担が少ないです。
看護師を含む3名で入浴介助を行うので健康・皮膚状態の変化に早く気付き、対応が出来ます。一人づつの入浴ですので、感染症の心配がありません。
筋肉、関節が温まり、無理のない程度に関節を伸ばすお手伝いをし、リハビリ効果を導きます。お湯に浸かることで、除圧・保清・温熱による血行改善等の相乗効果から、床ずれ予防が期待出来ます。
温熱作用・静水圧作用による痛みの緩和が期待出来ます。


Q

費用はどのくらい、かかりますか?

介護保険の1割負担が、かかります。
参考(要支援1・2 834単位 要介護1~5 1,234単位)
基本1単位10円で、地域区分(1級地~7級地、その他)により1単位の単価が異なります。水道と電源は、お借りいたします。
入浴1回当り、水道は250リットル(湯船1ぱい)程度です。
電源は約600W×20分が標準です。


Q

利用できる時間帯、日はいつですか?

月曜日~土曜日の朝8:30~夕方17:30が基本です。祝祭日は営業しています。
ご希望が御座いましたらご相談下さい。


Q

介護スタッフを指名できますか?

残念ながら指名を頂いておりませんが、訪問職員3名の内、1名は馴染みの職員が訪問出来る様に調整しております。
すべての職員が研修を行ない、同じサービスを提供出来るように努めてまいります。お気付きのことがございましたら、ご遠慮なくご相談下さい。


Q

予約が必要ですか?

介護保険サービスですので、最初に契約が必要です。
訪問日程は、希望も含め、担当のケアマネージャーさんとご相談下さい。


Q

キャンセル料はかかりますか?

キャンセル料は頂いておりません。可能な限り、日程変更で対応させて頂いております。体調不良による、入浴の中止は、訪問した看護師の判断とさせて頂いております。


Q

マンション・高層階に住んでいます、大丈夫ですか?

入浴車のポンプは浅井戸用ですので、3階まで対応可能です。それ以上は、ご自宅の浴槽からお湯を頂き、専用ポンプで対応します。


Q

お部屋が広くありません。平気ですか?

2畳分のスペースがあれば充分です。
2畳に満たない場合でも可能な限り対応させて頂いております。お気軽にご相談下さい。


Q

玄関や廊下が狭いのですが?

2分割にできる浴槽をお部屋で組み立てて使用するので問題ありません。


Q

男の職員が来る事がありますか?

基本3名の職員の内、1名は男性です。スケジュール調整が必要ですが、女性職員のみで訪問も対応可能です。


訪問介護サービス
Q

訪問介護サービスとは?

介護保険法の要介護または要支援の認定を受けた方、障害者総合支援法の障害支援区分1以上の認定を受けた方が対象となります。ご自宅にヘルパーが伺い、ご本人の日常生活上のお世話をさせていただきます。訪問するヘルパーは、介護福祉士や介護職員初任者研修修了者、ホームヘルパー等の有資格者なので安心です。いつまでも住み慣れた我が家で暮らしたい、そんな想いを応援します。


Q

どのようなサービスが受けられますか?

介護保険法と障害者総合支援法とでは若干の違いがありますが、入浴・排泄・食事などの身体介護、調理・洗濯・掃除などの生活援助が受けられます。但し、日常生活の範囲を超えるサービスやお客様本人以外の家族などへのサービスはできません。具体的には、大掃除や草むしり、ご家族の分の調理や洗濯などが対象外となります。


Q

どんな利点がありますか?

住み慣れた我が家での生活が継続できます。また施設利用に比べて費用負担が軽く済みます。


Q

利用できる時間帯、日はいつですか?

年中無休です。時間帯については営業所ごとにサービス提供時間を定めていますので、お問い合わせください。


Q

介護スタッフを指名できますか?

サービスの継続性や透明性を維持するためにも指名制はありませんが、お客様の状況などに特別な事情がある場合はご相談ください。


Q

予約が必要ですか?

訪問介護サービスはケアプランに沿って提供されます。ケアプランは1ヵ月ごとに事前に作成されます。このため予約をしていただくのと同じ状態になります。尚、ケアプラン作成はお客様ご自身でもできますが、要支援の認定を受けた方は地域包括支援センターに依頼し、要介護の認定を受けた方はケアマネージャーに依頼するのが一般的です。ケアプラン作成の担当者がお決まりで無い場合はご相談ください。


Q

予約のないサービスは受けられませんか?

緊急的な対応が可能な場合もあります。日々、状態変化の可能性のあるご高齢の方、障害のある方を対象としたサービスですので、柔軟な対応を心掛けています。


Q

予約のキャンセルはできますか?

いつでもキャンセルできます。キャンセル料もありませんが、できるだけ早めのご連絡をお願いします。


Q

介護に関する悩みや疑問の相談にのってもらえますか?

お気軽にご相談ください。

住宅型有料老人ホーム
Q

住宅型有料老人ホームとは

民間事業者が運営する介護施設です。自立・要支援・要介護の方がご入居できます。主に食事や生活支援サービスを提供します。介護が必要になった時には、在宅介護保険サービスを利用します。


Q

どのようなサービスが受けられますか

お食事の提供、生活相談、健康管理、日常生活全般のサポートを行います。また、レクリエーション、各種行事なども行っています。


Q

どのような利点(特徴)がありますか

介護が必要となった場合には、在宅介護保険サービスをご利用できます。お客様のご希望に応じて適切なサービスが受けられます。施設内でのサポートに加え、例えば、リハビリ、デイサービスなどへお出かけすることも可能です。医療機関についても制限はありませんので、ご希望する医療機関での受診が可能です。


Q

費用はどのくらいかかりますか

以下ご参考ください。

・くらスマイル平塚


<敷金>

敷金 0円

<利用料金>

家賃 25,000円
管理費 25,715円
食費 46,290円
(30日ご利用の場合)
施設サービス費 32,400円
合計 129,405円
その他 介護保険自己負担分
オムツ代、日用品等

・くらスマイル鎌ヶ谷


<敷金>

敷金 150,000円

<利用料金>

家賃 45,000円
管理費 27,000円
食費 48,540円
(30日ご利用の場合)
施設サービス費 33,048円
合計 153,588円
その他 介護保険自己負担分
オムツ代、日用品等


Q

いつでも入所できますか?

お部屋が空いている時であれば、ご見学後、おおよそ10日から2週間程度でご入居が可能です。お急ぎの場合には、担当者へご相談ください。


Q

24時間365日体制ですか?

ご入居様が安心、安全にご生活できるように、24時間365日もしもの時にも即時に対応できる体制を整えております。


Q

介護に関する悩みや疑問の相談にのってもらえますか?

ご入居に関する事以外にも、介護に関することでしたら何でもご相談ください。


Q

住宅型の他にどのような有料老人ホームがありますか?

介護付き有料老人ホーム、健康型有料老人ホームがございます。
それぞれに特徴がございますので、お問い合わせいただければご説明させていただきます。


Q

認知症でも入居は可能ですか?

原則、認知症の有無に関わらずご入居は可能です。


Q

病状によって退去しなければならないことはありますか?

状態等にもよりますが、協力医療機関等との連携により出来る限りご対応いたします。但し、常時医療行為が必要となった場合には施設でのご生活が困難となる場合もございます。


Q

誰でも入居できますか?

自立、要支援、要介護 それぞれの方のご入居が可能です。


Q

入居の際に用意するものは?

ベッド、車椅子などは、介護保険でのご利用が可能となります。
※一部非該当となる場合もございます。
その他、寝具、日用品等をご用意いただきます。


Q

酒は飲めるか?煙草は吸えるか?

お酒、お煙草は、施設で管理させていただき、お楽しみいただくことができます。


Q

リハビリやデイサービスを利用できるか?

当施設では、在宅介護保険サービスの利用が可能です。リハビリやデイサービス等のサービスもご利用いただくことができます。


Q

一人での外出はできますか?

ご家族様のご承諾を得た上で、お一人での外出も可能です。


Q

トイレ、入浴、食事、掃除等の介助はどこまで行ってもらえるか?

施設の介護職員やホームヘルパーの訪問により、日常生活全般をサポートさせていただきます。


Q

入院した場合の費用等は?

入院中においても、家賃、管理費のご負担が生じます。入院中の食費、施設サービス費につきましてご負担はありません。医療費、入院中のベッド代等は実費分のご負担となります。


Q

体験入居は可能ですか?

1泊2日から体験入居の利用が可能です。お食事、ご入浴、レクリエーション等をお楽しみください。


Q

ターミナルケアを行っていますか?

終末期においては協力医療機関との連携の図りながら、ご本人、ご家族のご希望を尊重したケアを行います。